メニュー

オレキシン受容体拮抗薬「ベルソムラ」(成分名:スボレキサント)による夜間中途覚醒の治療

中途覚醒(夜間、早朝に目が覚めてしまい、十分な睡眠時間が確保出来ない)方へのオレキシン受容体拮抗薬「ベルソムラ」(成分名:スボレキサント)が平成26年11月発売され、当院でも院内処方が可能です。

1.ベルソムラは、今までに不眠症に対して薬物治療を受けたことが無い方に特に有効です。

2.ベルソムラを内服する場合、他の不眠症治療薬を併用することが出来ません。また、抗生物質のクラリスロマイシンや抗真菌薬イトリゾール、ボリコゾナゾール、抗HIV薬のリトナビル、サキナビル、ネルフィナベル、インジナビル、抗肝炎ウィルス薬テルプレビルとの併用が出来ません。(作用が強く出る危険性が有ります。)

3.通常、就寝前に20mgを内服しますが、高齢者や腎臓機能の低い方は、15mg内服となります。

尚、オレキシン受容体拮抗薬「ベルソムラ」(成分名:スボレキサント)は、睡眠障害、不眠症の方以外には処方出来ません!一部のテレビ番組で、血糖を下げる効果があると報道されたため、本来の目的以外で処方を希望される方が散見されますが、糖尿病であるだけでは、処方の対象になりませんので、予めご了承願います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME