メニュー

渡航者外来

当院では、2015年1月から海外赴任、留学、出張などで任意のワクチン接種を希望される方々に、現地での滞在形式、過去の接種歴、予算額をお尋ねの上、適当なワクチンの選択と接種スケジュールの作成を行っています。渡航者外来では、来院時にワクチンが在庫切れにならないように、必ず前日までにご予約の上ご来院願います。当院では、渡航者外来の方の待ち時間をなるべく少なくするために、 10:30~11:00、15:00~16:00(土曜日を含む毎日)に優先時間帯を設けております。なるべくこの時間帯にご来院願います。 その他の時間帯の受診も可能ですが、一般診療の方が多い場合は、相当お待ち戴くことが有りますので、予めご了承願います。当院では、受診者の同意のもと同時接種(同一医療機関で一日に複数のワクチンの接種を行うこと)を日常的に行っており、なるべく少ない受診回数で、渡航までに必要な接種が完了するよう配慮しております。接種スケジュールは、初診の際に作成し、お渡しします。

尚、当院では、クレジットカードによるお支払いは出来ません。現金払いのみとなりますので、ご注意願います。

接種料金

2019年10月1日現在、接種可能なワクチンは以下の通りです。(いずれも10%の消費税込み料金です。)

日本国内販売ワクチン

  • A型肝炎 8,800円
  • B型肝炎(10才以上)7,200円
  • B型肝炎(10才未満)4、400円
  • 破傷風トキソイド4、400円
  • 日本脳炎5,500円
  • 狂犬病15,000円
  • MR(麻疹(はしか)+風疹)12,100円
  • ムンプス(おたふくかぜ)6,600円
  • 水痘(水ぼうそう)8,800円
  • 不活化ポリオ8,800円
  • 髄膜炎菌ワクチン25,500円
  • インフルエンザ3,600円
  • インフルエンザ(3歳未満)2,200円
  • 三種混合(小児用)5,500円
  • 注:麻疹単独ワクチン、風疹単独ワクチンの日本での製造販売は終了となりました。麻疹または風疹の抗体価を上げたい場合には、MRワクチン又はMMRワクチンの接種をお勧めします。

輸入ワクチン

  • 腸チフス(フランス製) 11,000円
  • 狂犬病ワクチン(フランス製) 15,000円
  • HAVRIX1440(A型肝炎:ベルギー製)14,800円
  • Twinrix(A型肝炎+B型肝炎:ベルギー製)17,000円
  • 髄膜炎菌ワクチン(ベルギー製):22,000円
  • Tdap(成人用三種混合ワクチン:ベルギー製)11,800円
  • MMRワクチン(麻疹(はしか)+風疹+ムンプス(おたふくかぜ))(アメリカ製):12,100円
  • ダニ脳炎ワクチン(スイス製):16,500円

 ご出発までの時間が限られている方への対応

通常、国産A型肝炎ワクチン、国産B型肝炎ワクチン等は、3回の接種を完了するために20~24週間を要しますが、ご出発までの時間が限られている方はには、輸入ワクチンを接種して時間を短縮することが可能です。詳細は、院長よりご説明致します。

英文予防接種証明について

 

当院でワクチン接種を受けた方で、過去の予防接種歴、服薬歴などを英語文書でご希望の方へは、有料(8,800円)で発行しております。作成には2日前後を要しますので、ご了承願います。尚、このサービスは、当院で予防接種を受けられた方にのみ限定です。

受診時には、母子手帳や過去の接種・投薬記録をご持参ください。

高山病予防薬について

標高2,500mを超える高地(ペルー、ボリビア、コロンビア、エクアドルなど)へお出かけの方に、高山病の予防薬「ダイアモックス250mg錠」を処方致しますが、薬代には健康保険適応は無く、自費診療料金となります。(ダイアモックス1錠220円。消費税込み。)左欄「高山病予防薬」の項も参照願います。

マラリア予防薬について

当院ではマラリア蔓延地域に渡航される方に、マラリア予防薬「マラロン錠」、「ビブラマイシン100mg錠」を院内処方することが可能ですが、いずれも健康保険適応が無く、薬代は自費診療料金となります。(マラロン1錠600円。消費税込み。)

ご不明な点がございましたら、当院受付にお電話にてお問い合わせ願います。(電話:04-7137-2202、受付時間08:30~11:45、14:00~17:00、但し、土曜日は16:30で終了。休診日:木曜日、日曜日、祝日)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME